文字サイズ お問い合わせ

「西武・電車フェスタ2017 in 武蔵丘車両検修場」(6月3日)に初出店

2017年05月29日

プレスリリース

首都圏の私鉄各社の鉄道車両整備と点検を行う堀江車輌電装株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:堀江泰、 03-5213-4728、以下堀江車輌電装 )は、西武鉄道株式会社(本社:埼玉県所沢市)が開催する「西武・電車フェスタ2017in武蔵丘車両検修場」に、電車の車両整備企業として初めて出店します。

同イベントは、地域で古くから親しまれている毎年恒例のイベントです。堀江車輌電装は約40年に渡って、西武鉄道の車両整備を請け負っています。地域の方に電車のことをもっと知ってもらうという目的に共感し、これまでは来場者として参加してきました。今回は初めて出店側となり、当社独自の展示物「等身大ダンボール製運転台」と手のひらサイズの電車が作れる「ダンボール電車キット」などを提供し、イベントを盛り上げます。

●当社の出店内容について
堀江車輌電装は、本年2月26日に「見て、乗って、触って、知ろう!電車のヒミツ!vol.1(以下電車のヒミツ!vol.1)」(主催:飯能市社会福祉協議会、堀江車輌電装株式会社、後援:飯能市、飯能市教育委員会)を初めて開催しました。当社作業所のある地域の方に、車両整備や電車自体をもっと身近に知ってもらうため、等身大ダンボール製運転台を約1,200人の来場者に初公開したほか、様々な体験ブースを用意しました。「西武・電車フェスタ2017 in 武蔵丘車両検修場」では、電車のヒミツ!vol.1で大人気だった等身大ダンボール製運転台と手のひらサイズの電車が作れるダンボール電車キット(400円で販売)を通じて、電車の魅力を伝えます。電車キットは、オリジナル電車で、その場で作成し、色付けできるスペースを設けます。出店により、本来なかなか知る機会のない車両整備という仕事を、来場者に知ってもらうきっかけを作ります。


「西武・電車フェスタ2017 in武蔵丘車両検修場」開催概要
開催日時 2017年6月3日(土) 9 時 30 分〜15 時 30 分 (雨天決行・荒天中止)
開催場所 武蔵丘車両検修場(埼玉県日高市台 462-1)

問合先 西武鉄道お客さまセンター 電話 04-2996-2888
※堀江車輌電装ブース・ダンボール電車についての問合先は下記【本リリースに関するお問合せ先】になります。
ウェブサイト https://www.seiburailway.jp/guide/event-campaign-info/event/musashigaoka2017/index.html
入場料 無料
武蔵丘車両検修場行きの臨時直通電車、飯能~高麗間の臨時電車を運転。また、飯能駅南口~会場間で無料送迎バスの運転もあり。
主な内容 電車撮影会、新型保守用車両・保線機械の展示、40000系の模型展示、台車入れ作業の実演、車輪転がし体験、車両操作体験、モーターカー・トラバーサーの乗車体験、電車屋根上・床下見学できる「電車ぐるぐる巡りツアー」等


【会社概要】 堀江車輌電装株式会社
■本社 〒102-0073 東京都千代田区九段北1-3-2 大橋ビル5階
電話 03-5213-4728 ファックス 03-5213-4729 (平日9:00~18:00)
■日高作業所 〒350-1253 埼玉県日高市台462-1 西武鉄道株式会社 武蔵丘車両検修場内
■横浜作業所 〒227-8540 神奈川県横浜市青葉区恩田町704東急テクノシステム株式会社 長津田工場内
設立 1968年6月18日 資本金 1,000万円 代表取締役 堀江 泰
ウェブサイト http://horie-sharyo.co.jp/
事業概要 鉄道車両の整備・改造・点検、労働者派遣事業、有料職業紹介事業、ビルメンテナンス事業

PDFはこちら

更新情報